リスベート・ツヴェルガー絵本原画展

リスベート・ツヴェルガー 

1954年オーストリアのウイーンに生まれる。美術アカデミーで学んだ後、1977年に絵本「ふしぎな子」で23歳でデビュー。1990年には国際アンデルセン賞を受賞。国際的に高い評価を得ている絵本作家。日本にもたくさんのフアンを持っている。

優雅なファンタジーの世界へ
誰もが知るおとぎ話の世界を、繊細な筆遣いで描く絵本画家。卓越したデッサン力と洗練された色彩感覚で描かれる幻想的な世界は、子供から大人まで観る人を惹き付けてやみません。絵本館では過去3度、彼女の原画展を催し、絶大な反響を呼びました。1999年夏以来のの原画展となります。ツヴェルガーの作家デビュー35年の機会に、「賢者のおくりもの」「オズの魔法使い」など初期の作品から最新作までお楽しみください。